個展のご案内 - うつわ「一客」 陶器 陶器 京都 大阪 東京

個展のご案内

2018年 個展のご案内

大阪店

若林和恵・若林幸恵 姉妹展 (陶と漆)3月1日(木)~3月6日(火)

  • 若林和恵(陶)
    色絵銀彩の作品は、磁器に上絵具や銀を薄く塗り、小生を数回行い完成させます。日々の食卓のアクセントになるような器を制作致しました。

  • 若林幸恵(漆)
    「色漆や金箔を用い幾何文や身近な動植物を描く漆絵の椀と、木を塊から削りだす手刳りの器。二様の器を木地から上塗りまで一貫制作で行っています。(一部木地を除く)

山田 晶・山田瑞子 二人展 (陶と金工)5月24日(木)~5月29日(火)

  • 山田晶(陶)
    華やかさとシャープさをテーマに制作しております。

  • 山田瑞子(金工)
    大阪で初めての展覧会です。銅を鍛金技法で絞り漆を焼きつけたポットや片口、真鍮に彫金技法の蹴り彫りで自由な図柄を入れたお皿やお盆、シルバーの特別なテーブルウェア。ゴールドとシルバーのジュエリーもご覧いただきます。

川口 淳 陶展 (アーティストトーク有り)
10月11日(木)~10月16日(火)

  • 「色絵近彩楽園文華胥の夢日器」

「Gift」三人展 11月8日(木)~11月13日(火)

  • 村田菜穂美(陶)
    色絵磁器の子供のうつわ、日常のうつわをつくっています。 日々の彩りとなるような楽しみのカタチづくりを目指しています。

  • 井上枝利奈(硝子)
    ここ数年は「こころおどるうつわ」というテーマで、主にパートドヴェールとフュージングという技法で制作をしています。

  • ふるいともかず(木工)
    京都の山間の町で暮らしながら製作しています。扱いやすいオイルフィニッシュの食器やペイント物の蓋物など出品致します。

京都店での個展

矢島 操(陶)・中村 真紀(ガラス) 二人展4月19日(木)~4月28日(土)

  • 矢島 操
    イロエやカキオトシなどの技法を用いて主にうつわを制作しています物語が感じられるそんな願いを込めて‥‥毎日の生活が愉しくなれば嬉しいです。

  • 中村 真紀
    溶けたガラスの柔らかなフォルムと、色使いを大切に、日々の生活を豊かにする、日常使いのうつわをつくっています。

30周年記念スクエア展 10月18日(木)~10月27日(土)

  • 小林英夫
    あらたな土の表情をうつわに活かしたく制作しています。よろしくお願い申し上げます。

  • 富田美樹子
    「この度はこの様な機会に参加させて頂く事を光栄の思っております。日頃はオブジェをメインに制作をしております。ですので、器を作るのは楽しくもあり、使うという事を考えながら作る難しさも実感します。思考錯誤しながらですが、どうぞ宜しくお願いいたします。」

  • 髙坂嘉津幸(こうさかかつゆき)
    「どこかで見たような類型的な器が多い中、数年に一度くらい創造的で美しい器に出会うことがある。自身の生活空間に秘かに忍ばせて置き、忘れたころに使うと無類の喜びを感じる時がある。」

  • 谷野明夫
    個展の作品制作を陶筥から始めるのが自身の約束事で、一つ一つ丁寧に貼り合わせていく作業が心と体の準備となっている。装飾に於いては発想力を高め、新たな発見や展開、さらに化学反応をおこし美しい作品へと昇華させていきたいと思う。

東京店での個展

星正幸 展 2月17日(土)~2月24日(土)

  • 備前土が醸し出す 柔らかい質感を味わって頂きたいです。
    撮影 原田崇

    1973年 上智大学文学部哲学科卒業
    1975年 備前焼窯元 備前陶苑に勤務
    1979年 備前陶苑を退職し、森 陶岳の「相生大窯」に参加
    現在、岡山県にて作陶

川合敦子 展 3月31日(土)~4月7日(土)

  • 1978年 京都成安女子高等学校美術科卒
    1983年 京都府立陶工職業訓練校卒
    1984年 滝口和男氏に師事
    1989年 独立し山科へ築窯

    小袖皿。17cm×16cm×2cm
    黒枝桜 赤七宝

深谷泰 展4月21日(土)~4月28日(土)

  • 1985年 東京芸術大学美術学部工芸科 陶芸専攻卒業
    1987年 同大学院工芸専攻陶芸専修課程終了
    1989年 中南米メキシコへ民間陶芸指導員として赴任
    1994年 第三十回伝統工芸新作展入選
    2006年 神奈川県へ築窯

大井寛史 展5月26日(土)~6月2日(土)

  • 1973年 大阪府寝屋川市生まれ
    2005年 京都府立陶工高等技術専門校、成形科修了
    2006年 京都府立陶工高等技術専門校、研究科修了
    2007年 京都の窯元にてろくろ師として従事
    2009年 独立し、大阪にて開窯

荒川尚也 ガラス展6月16日(土)~6月23日(土)

  • 温かい飲み物にも使っていただける
    ホウ珪酸ガラスのアイテムが増えました

    1978年 北海道大学 農学部 卒業
    札幌の豊平ガラスに入社 吹きガラスの技術を学ぶ
    1981年 京都府にて晴耕社ガラス工房を始める

中村百合恵 錫展 9月13日(木)~9月19日(水)

  • ゆり工房(錫器制作工房)主宰
    広島市生まれ
    立教大学文学部卒
    大阪あべの辻調理技研〈日本料理〉非常勤講師

    片口ふっくら(360ml)

岡晋吾 展 10月6日(土)~10月13日(土)

  • 1981年 佐賀県立有田窯業試験場、
    デザイン科、絵付科研修
    1982年 肥前諸窯にて修行
    1993年 西有田町にて独立
    2003年 唐津市浜玉町に移転築窯

小さなものいろいろ展 11月10日(土)~11月17日(土)

  • 小さな作品を中心にいろいろ集めました。

藤野征一郎 漆展 12月1日(土)~12月8日(土)

  • 自然についての独自の解釈を持つ芸術家や作家に魅力を感じ、その事が自分を物づくりに駆り立てる原動力だったとこの頃感じています。自然素材である気や漆を自分らしい解釈でかたちにできるように、これからも励んでいきたいと思います。